ご挨拶

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は chairman.jpg です

 日頃、当協会が行う各種スポーツ活動に対して、各界より理解あるご協力・ご支援をいただいておりますことに心より感謝を申し上げます。

 昨年は当協会の名称を「上越市スポーツ協会」に改称し、新時代「令和」の幕開けとともに新たな一歩を踏み出しました。夏の酷暑、秋には大型台風の襲来や度重なる大雨など、スポーツ活動には厳しい環境もありましたが、令和元年度に計画いたしました事業は、加盟団体をはじめ多くの皆様方のご尽力により無事終了することが出来ました。ここに厚く御礼申し上げます。

 当協会ではアスリートの競技力向上、とりわけジュニア選手の育成強化に重点的に取り組んでおりますが、昨年度も多くの競技種目において、全国大会、さらには国際大会においても素晴らしい成績を収める選手が出てきたことは、誠に嬉しく思います。これもひとえに、ご尽力をいただいている指導者の皆様のお陰であり、改めて感謝を申し上げます。

 さて、今年に入り新型コロナウイルスの感染が全国的に拡大し、ご案内のとおり東京オリンピック・パラリンピックは1年後に延期が決定されましたし、そのほか国内の様々な大会等も軒並み中止や延期を決定するなど、国内外のスポーツ界に大きな影響が出ております。当市においても感染者が確認される状況となる中、活動の自粛や施設の利用休止などにより、当協会の活動や運営に大きな支障を来しております。

 先行きが不明瞭な中、今しばらくは例年のような活発な活動は出来ない状況が続くと思いますが、当協会としましては感染の収束状況を注視しつつ、関係者の安全をしっかりと確保した上で活動が再開できるよう、可能な支援や取り組みを進めてまいります。

 一刻も早い感染の収束を祈りつつ、その暁には従前にも増してスポーツ活動を通した市民の健康づくりや青少年の健全育成、そしてアスリートの育成に努めてまいりますとともに、協会のさらなる発展に尽くしていく所存でございますので、何卒変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶といたします。

一般財団法人上越市スポーツ協会
会長 木浦 正幸